地盤改良

大切なあなたの土地(地盤)大丈夫ですか。

住宅建設で軽視しがちな地盤問題は、今や社会問題です。
強度と価格ばかり重要視した地盤改良は、私たちの大地に大きなしこりを残しています。
今後、住宅建設をお考えの皆様、もう一度、あなたの土地(地盤)に目を向けてください。

問題を多く抱える従来工法(一例)

環境汚染問題

セメントを使った地盤改良だと、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。

2003年2月15日に土壌汚染対策法」が施工されました。この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生してしまったら、土地の所有者がその汚染物質の浄化義務を負うことになります。

六価クロムとは、

「六価クロム」はアスベストに並ぶ2大発ガン性物質としてLCRA(国際ガン研究機関)及びEPA(国際環境保護庁)によりリストアップされています。


「エリンブロコビッチ」とういう映画をご覧になったことはありますでしょうか?
2000年にあのジュリア・ロバーツ主演で公開された作品です。


これはエリンブロコビッチという女性の半生を描いたアメリカの映画で、企業が使用した六価クロムが原因で住民を死や病気に追いやった実話をもとに映画化されたものです。

この六価クロムに関する事件は、アメリカだけでなく日本でも起きており、なんと宅地や家庭菜園でも土壌が汚染されていることがあるのです。

土地評価の目減り問題

2003年1月より、土地評価の方法が変わり」、鑑定時に、「土壌汚染」や「埋設物」の有無が項目に加わりました。もし「土壌汚染」や「埋設物」が発見されれば、その分資産価値が目減りすることになります。土壌汚染地の担保価値を0にすると指針を出した銀行もあります。

また、あまり知られていませんが地盤補強した杭等を撤去する場合、補強費用の5倍ほどの費用がかかる場合があると言われています。







地価評価計算(例) 25坪の土地にセメント杭(杭長4m)が40本地中にあった場合。

品質不良問題

地盤改良したにもかかわらず不同沈下による事故が起こっています。

事前調査で地盤改良工事が必要かどうかの調査(スウェーデン式サウンディング調査)は実施されているが、地盤改良工事終了後の地耐力調査は行われていない

セメント系固形剤と腐食土との相性の問題による固結不良が生じているリスクもある。

支持地盤の起伏を考慮しないで、事前設計に依存した想定施工により施工がなされている。


1.べた基礎、表層改良工法の事故
家の下を固めてしまえば、家と地面が接する面積が増えて、安定すると思われがちです。

しかし、左の絵のように家の下で軟弱層の厚さが急変しているような場合はセメントで固めて重くなった分、逆に傾きやすいと言われています。
2.セメントが十分固まらない
土のなかに存在する葉っぱなどが腐ってできた腐食土とセメントの相性は悪く、十分に固まらないことがあります。
3.固い地盤に杭が届いていない。
土の中深くにある固い地盤まで杭を打ったと考えていても、軟弱層の起伏等の原因で、届いていないことも予想されます。
4.柔らかい地盤と固い地盤の厚みが違えば摩擦も違う。
 
業務案内
  • 地盤改良
  • 運輸
  • 工事
  • 除排雪
  • 不同沈下を防ぐ地盤調査の重要性
  • 採用情報
株式会社山口工業