地盤改良

HySPEED工法 主な特徴

イメージ

※バイブロフローテーション工法、サンドコンパクション工法を宅地用に改良した工法です。
掘削技術と施工機器の研究によりローコスト化を実現しました。

地震時の衝撃に強い

砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。

環境貢献工法

天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。

産廃費用が発生しない

産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

リユースで地球に貢献

将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

唯一の液状化防止工法

地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します。

パーフェクトな工事保証

日本大手保証会社の認定工法です。
●JIO・JHS・SA・HG

CO2を5,000Kg削減

砕石しか使わないことにより他の工法に比べC02の排出を少なくします。
●平均的な住宅(建坪20坪程度)1戸分の施工で5,000Kg削減。

無公害工法

今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工が出来ます。

遺跡になる工法

セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

※HySPEED工法は「天然砕石による軟弱地盤補強工法」特許出麗中です。



業務案内
  • 地盤改良
  • 運輸
  • 工事
  • 除排雪
  • 不同沈下を防ぐ地盤調査の重要性
  • 採用情報
株式会社山口工業